• home
  • map
  • phone
症状と効果について

ジョギングやマラソンによる背中と肩、膝の痛み

症状前屈すると背中、肩が痛む、ジョギング時の膝の痛み

効果施術後ねじれ傾きが大きく改善し、肩、背中の痛み改善

備考本人が気づきにくい身体のねじれは、小さなものでも症状の原因になります。特に運動をされる場合、小さなねじれが多きな負担を生む原因となります。施術前では右肩が下がり、指先が左右で差があるのが確認できます。また顔は正面を向いているのに、足先は左下を指しています。身体全体が時計回りにねじれているのです。

効果には個人差があります。
Age: 20代
Work: 会社員
Onset: 3ヶ月前から

Comment

1年ほど前から6~10kmのジョギングをはじめられ、症状はジョギングをされているときに多く発症されるとのことでした。特に背中は毎朝、身体を前屈させると痛みが出ていたそうで、日に日に痛みが増すので不安になり来院されました。幸い一度の施術で前屈時の痛みは改善されました。
ジョギングやマラソンがブームなのか、多くの患者さまがマラソンに取り組んでおられます。体力維持にはとても良いことですが、ジョギングや運動で健康になるわけではありません。言い換えれば症状が改善するわけではありません。運動はとてもよいことですので、運動を続けていくためにもプロの運動選手のように、運動後には定期的に身体をメンテナンスしていきましょう。