• home
  • map
  • phone
症状と効果について

椎間板ヘルニアによる腰痛と下肢しびれ

症状椎間板ヘルニアによる腰痛と下肢しびれ

効果椎間板ヘルニア患者さまの施術は1~2回程度では大きく症状に変化が起こらないことが多いです。そのため一日に2回~3回施術を行います。こちらの患者さまの場合は、一日に2回施術を毎日行い、3週間通われました。2週間目では歩行時の痛みはなくなり、3週間目で走れるようになりました。

備考手術を勧められていただけあって、来院時には歩行すらうまくできない状態でした。初回来院日の施術2回目では痛みで曲がってしまっていた腰の形が、少し伸ばせるようになりましたが、施術によって徐々に改善していきましたが、症状である痛み自体は1週間以上続きました。椎間板ヘルニアの施術は諦めないことが大切です。

効果には個人差があります。
Age: 30代
Work: 事務
Onset: 1ヶ月前から

Comment

手術を勧められていましたが、施術によって手術を免れました。現在も年に数回程度施術に訪れますが、この時のような痛みは今のところ出ていません。椎間板ヘルニアはヘルニアが原因で痛みが発症しているというよりも、ヘルニアという異常を作ってしまうほどの『根本の原因』が痛みを作っていると考える方が納得しやすいものです。なぜならば、椎間板ヘルニアを持たない患者さまでも腰痛や坐骨神経痛、下肢の痛みや歩行困難などの症状は起こりうるからです。つまり、椎間板ヘルニアを発症させるほど椎間板に負担を与えた「筋肉の緊張」や、筋肉の緊張を作る原因となった「姿勢の異常」を正常に近づけることで椎間板ヘルニアを患っていても、痛みを消すことは可能だと言えます。こちらの患者さんは数十回の施術によって症状が改善され、走ることもできるようになりました。
椎間板ヘルニアの施術は施術後すぐに劇的な変化をもたらすことはほとんどありません。椎間板ヘルニアを発症させるほど強い異常を有した患者さまのお身体は、1日や2日でできたものではないからです。痛みに変化が起こるまでに数回~数十回の施術を要する場合もありますが、とにかく最後まで諦めないことが大切です。
当サイト内の他症例に、過去に椎間板ヘルニアの手術をされ、その後痛みが再発された患者さまをご紹介していますが、手術をされても再発するというリスクを考えますと、椎間板ヘルニアの根本の原因を改善させておくことの方が安全で賢い選択肢なのかもしれません。