石川健康院|浜松市 整体院

「喘息が治りました」というご報告をいただく。

ブログ記事を書くのは久しぶりになります。毎度バタバタしておりまして申し訳ございません。(;´Д`)

「ここで施術を受けると、喘息が治るんです」という患者様の声

先日、首が回らないという患者様が来院されました。この方は数年前からの患者様で、症状が出るころに、こうやって来院されます。もう最初にご来院いただいたのは9年ほど前でしょうか。。。もうそんなに時が経ってしまったのかと時々しみじみいたします。(笑)

いつものように、施術をしていましたら、患者様から「数年前から喘息を患ってるんですが、ここで調整してもらうと治るだよ。」とお話をいただきました。喘息とは、気道内の炎症や気道が細くなってしまうことで発症する症状で、原因は様々です。
喘息を治すことに関しましては、知識ある施術者であればある程度分かっていらっしゃるのではないかと思いますが、理論的には可能です。ただし、それが1回の施術や、1日で治るのかということに関しては、患者様のお身体の状態や生活スタイルによりますので一概に言えることではありませんが。

なぜ治るのか

面白い話があります。気功をされているとある先生のお話しですが、子供のころに重い喘息持ちだったそうです。喘息持ちの為運動を制限されたり極力外に出ないようにされたりしていたそうです。しかしある時武道の達人から、今までとは違い運動を強要されたそうです。するとみるみる喘息はなくなり、健康な体を手に入れたそうです。

気功の世界では、気の流れが滞る場所に症状が生まれやすいとしています。気功というと興味を示さない方も多いので別の言い方をしますと、ヨガでいうチャクラでしょうか。チャクラも受け入れられない方には、磁界とでもいえばよいでしょうか?これらは必ずしも一致するものではありませんが(同じものだと言うと反論を頂きそうなので。。。(;´∀`))、理解する上では分かりやすい例えかなと思っています。磁界に関しましてはこれまた面白い話があるのですが、これはちょっと置いておきます。(笑)

結局のところ、それらの流れが悪いところというのは、必ず歪みやコリといったもの(それ以外の場合もあります)が生じています。つまるところどの手技やどの武術、どの研究結果も突き詰めると同じようなことを言っていることに気づきます。そしてそれらの原因を改善させる方法や、原因をつくる元の考え方が少しづつ表現を変えて存在しているのだと分かります。ん~難しい話になってきましたね。。。変えましょう。

話を戻して、喘息が治る根拠として、気道を細めている原因を改善できるからというのが手っ取り早い回答かと思います。治し方に関しましては、当院で整体研修会を行っておりますので、そちらで学ばれてると良いかと思います。

いろいろな手技療法を経験してわかること

先ほども少し述べましたが、いろいろな手技療法や技術、研究の結果を読んでみますと、表現方法は違えど同じことを言っていることに気づきます。そして、治そうと目指すポイントは同じ中で、そのアプローチ方法が異なっているだけなのだと知ります。実はこのアプローチ方法の違いにより、効果の良し悪しが決まってくるんですね。(良い施術法もあれば、悪い施術法もあるんですよ。)

他の施術所で症状が悪化した患者様もいらっしゃいます。他の整体で施術後にめまいが消えなくなった患者様を、当院で回復させたこともあります。手技によって効果がまちまちなんですね。この違いを「理論」だけで判断することはとても難しいと思ってます。なぜなら、先に述べましたように、「目指すポイント」は同じなのですから、身体によさそうに感じて当然なんですよね。今後、この施術方法の見分け方や表現に変化が出てくるのかなと思っておりますが、いつになることやら。。。