石川健康院|浜松市 整体院

椎間板ヘルニアの痛みも、ゆっくりと引いていきます

腰痛と下半身の痛みから椎間板ヘルニアと診断される

椎間板ヘルニアの痛みが消える(治る?)

長時間のドライブで腰部に痛みが出だし、次第に下半身にも痛みが広がったことから、近所の鍼灸院へ通っていたそうです。
しばらく治療をしてもらっていましたが、なかなか思うように痛みが引かないため、当院へ来院されました。

調整前は歩くのもやっとで、腰をかがめながらでないと歩けないご様子でした。調整後、まだ腰は若干かがんではいましたが、ずいぶんと楽になったと言って帰っていきました。
翌週2回目の調整の時には真っ直ぐに立つことができ、痛みもほとんど和らいだそうです。ただ、椎間板ヘルニアなだけあって、下肢のしびれがまだあるそうです。しびれは痛みよりも厄介で完全に消えるまでにはもう少し調整と時間が必要となりそうです。

椎間板ヘルニアと診断されても治療を諦めないでください。

椎間板ヘルニアに限らずですが、石川健康院では整形外科や接骨院などで良くならなかった症状を主に見ております。効果を保証するものではありませんが、およそ8割から9割の患者様が症状の改善に成功しております。特にここ数年では首肩廻りの改善率がぐんと上がり、頭痛やめまい、吐き気や耳鳴りといった症状の改善に多くの方から喜びの声をいただいております。腰部の症状は以前から多くの改善例がございますが、腰部の異常は慢性的な私生活の影響が強く、改善までには回数がかかってしまうことがほとんどです。どうぞ焦らずじっくりと患部をゆるめ、本来の身体の状態までリセットさせてあげてください。
残念ながら1割程度の患者様に関しては、ご自身の私生活の影響により調整後改善がみられましても、すぐに症状の再発を繰り返してしまうケースや、事故や怪我などによるお身体の変異によって、効果が長続きされないケースがございます。それでも私はあきらめずに施術を続けさせていただきますので、苦しみで心が折れてしまう前にどうぞお越しください。

心のケアも及ばずながらお手伝いさせていただいています。

患者様の症状は、必ずしも重労働やデスクワークからの負担だけではありません。心が弱っているときや、ストレスにつぶされてパニック気味になってきているときなどの場合、自律神経系の異常を生み、自律神経系である交感神経、副交感神経の働きが正常ではなくなります。そうなったとき、健康体ではできていた「疲れを回復する機能」や「消化吸収機能」「身体を動かす機能」が正常に行えなくなります。これによって姿勢の異常を生み、痛みを発症させるのです。石川健康院ではそういった患者様のメンタル面でも少しだけお手伝いさせていただいていますので、悩みなどがございます場合は苦しまずにお話くださいね。