石川健康院|浜松市 整体院

整形外科で治らなかった膝の痛みが、首の調整で緩和しました。

膝の痛みを20年間患っていた患者さんが、整形外科では治らなかったため来院

2014-1028-4

20年以上もの間、膝に痛みを抱え生活してきたSさん。何度も通った整形外科の治療では一向に改善することがなく、とうとう整形での治療を諦めたそうです。
先日、当院のチラシを見てご来院を決意されたそうで、本日、最初の調整にお越しいただきました。

※チラシは地域ごとに不定期で配布させていただいています。届いていない地域の方は申し訳ありません。

施術前とその後

施術前

まずは施術前の状態から見ていただければと思います。

2014-1028-1

痛みで膝が曲げられず横に流すことでしか座れません。ご本人様も相当痛みが強いらしく、この状態でいることも辛いご様子でした。

施術1回目

2014-1028-2

およそ20分ほど調整を行いました。かなり根の深い症状をお持ちでしたので、触れる部位、触れる部位でかなり時間を要しました。

膝に症状が出てきますと、整形外科では膝廻りのレントゲンなどによる骨の異常確認、水が溜まっていないかなどの触診程度しか診てはもらえません。しかし、膝の痛みの根本の原因はもっと別のところにあり、それを見極められなければ症状の改善はありえません。「木を見て森を見ず」という言葉があります。整形外科の治療はまさにこれであるといえます。

首を調整した直後、膝の痛みが消える

Sさんの首を軽く動かし刺激をうまく伝えます。刺激がうまく伝わったのを確認し、次の技へと移動をしていましたら、Sさんが
「あれ?膝の痛みが今消えました!」
とおっしゃりました。(古くは「おっしゃります。」最近では「おっしゃいます」と使うそうです。[余談])

Sさんは驚いた様子でしたが、人の身体は全部がつながって一つの身体を作っているため、どの部位の症状であっても、どの部位からでも調整は可能なのです。頭部だけ治療を行う整体院が存在するのもこのためです。(仙骨調整法や頭蓋調整法、AKA博田法などの理論はまさにここにあります。)

施術1回目後、再度微調整

石川健康院では、1回の施術で何度か正座していただき、状態の変化の確認を行います。一回目の施術後にまだ改善されていない部分の微調整をその患者さんの状態に応じて行うことがあります。(一度でピタ!っと終われる患者様は、初診では稀です。)
Sさんの場合、もう少し膝の痛みが消せるのではないかと判断し、微調整を行いました。

2014-1028-3

最終的にここまでが限界でしたが、最初の膝の状態から見ましても、曲げやすくなってきたことがわかります。また、Sさん曰く「最初と全然痛みが違う!嘘みたいです!」と驚いた様子でした。(驚くという表現って、整体の記事ではマンネリしつつありますね。^_^;信憑性に欠けてしまうのがたまに傷です。。。)

施術を終えて

Sさんの施術を終えて、Sさんとお話をします。最近ではよく耳にすることかもしれませんが、心と体はつながっていますので、心のケアというのも整体師の仕事のひとつになりつつあります。特にストレス性の張りを持った患者様には、かなり踏み入って家庭の悩みなどのご相談もさせていただくことがあります。ストレスは自律神経系への異常を作り、骨格筋の緊張と弛緩のバランスを大きく崩します。怒りやすい方や、短気な方は原因不明の症状などを発症しやすいので注意です!

Sさんは20年ほど症状を患っていらっしゃったので、すぐに症状が改善できるものではありませんでしたが、この調子で徐々に痛みの原因を改善させ、無事座れるように頑張りたいと思います。